恋愛占いをして復縁大成功

友達にここの恋愛占い当たるよと言われて、人気の先生に電話で占ってもらいました。とてもドキドキして話すのに緊張をしてしまいましたが、その先生がとても穏やかな口調で話してくれたんで、だんだん緊張しなくなってきてペラペラ話してしまいました。彼氏にフラれて半年ぐらい経ったのですが、どうしても元カレを忘れることができず、復縁したいけれど復縁できるでしょうか?という質問をしたんです。

電話鑑定をしてもらうのは初めてだったのですが、その先生が絶対に復縁できるというので思い切って元カレに自分の気持ちを伝えました。元カレとはずっと友達状態が続いていましたし、まだ新しい彼女もいなかったので・・・。恋愛占いでは復縁できると言われましたが、心の中ではだめかもしれないという気持ちでいっぱいでした。でも元カレからも私のことを忘れられなかったと言われ復縁できたんです。恋愛占いってすごいって思いましたね。

それまでは占いなんて信じないと思っていたタイプの人間だった私ですが、その恋愛占いで復縁することができて以来、すっかり恋愛占いに夢中になってしまいました。恋愛で悩んでいる時ってすごく辛いですし、誰かに頼りたいものです。占いによって勇気が出て行動できるんですから、すごいですよね。私の周りでも恋愛占いに夢中になっている子はたくさんいます。男性よりも女性のほうが占いって大好きですよね。これからも恋愛占いをして楽しみたいと思います。

もし、あなたも電話占いに興味があるのでしたら、こちらのサイトは参考になりますよ。
好きな人を振り向かせる意外な方法とは?

女特有の恋愛占い

恋愛は女子ならほとんどの人が通るある意味一生のテーマだと思います。
小さい時から女の子はしっかり者が多く初恋も早い子が多いです。そんな中で必ず行うのが占いです。恋愛占いはこの先も無くなることはないと思います。運命の人はいるのか?いつ出会うのか?あの人との相性は?結婚相手は?恋愛が上手くいくには?そんなことで頭がいっぱいになります。特に好きな人ができると悩みは膨らみ期待と不安でいっぱいてす。いろんな人に相談もしてみますがやっぱり占っちゃいます。しかもありとあらゆる占いをします。ネットで占ったり占い雑誌を買ったり、占いに行ったり。必死になります。そこで伝えられる結果に一喜一憂してもちろん影響力も絶大です。好きな人との相性がよければまだ付き合ってもいないのにもうカップルになる気分になったり、反対に悪く結果が出た時はこのまま好きでいていいのだろうかと悩んだりします。
恋愛占いの効果は絶大です。
それが全てじゃないことは分かっていますがそれでも占いしてしまいます。どうしてこんなにハマってしまうのか考えてみると、やっぱり悩んでいる時に何かに背中を押してもらいたかったり賛同してもらいたかったりするからかもしれません。年齢関係なく女の子はいつの時も占いは大好きだと思います。好きな人と結婚して子供を産み母になる。誰もが一度は夢見る未来のために日々恋愛に試行錯誤しています。答えや決まりがない恋愛だからこそ悩みや不安が多いのです。その恋愛のヒントになるのが恋愛占いだと思います。だから女の子は恋愛占いをするのかもしれません。

ドキドキもいいけど安心感もいい

おそらく同意してくれる人はたくさんいると思うのですが、片思いは本当に楽しいですし毎日ドキドキしてしまいます。
片思いをしている間が一番楽しくて、恋人になれたとたんに冷めてしまう人もいると聞きます。
私はそういうことはありませんが、確かに片思いは楽しいものですし、あのドキドキ感はいつも味わっていたいものです。
もちろん、恋人になれれば一番嬉しいです。
そのドキドキが持続するわけですし、相手が自分のことを好きでいてくれるわけですから、これ以上に幸せなことは無いような気さえします。
付き合っていくうちに安心感がドキドキを上回ることもよくあります。
ですが、それを私は悪いことではありません。
一歩上にいったというか、ステージを上がったような感覚になります。
分かりやすく言えば、彼との関係が進歩したということでしょうか。
相手に関してドキドキを感じていたのにそれが安心に変化したというのは、少し大人になったような感覚にもなりますね。
ドキドキが無くなって物足りないという人もいるかもしれませんが、安心感だって素敵です。
言ってしまえば恋人は赤の他人です。
それにも関わらず安心出来るというのは、凄いことですし貴重なことではないでしょうか。
私なら進んでこういう関係を望みたいところです。
今まで付き合ってきた彼とも安心感までいきました。
落ち着けるし、結婚したらこういうかんじなのかなとも思ってしまいます。
結婚する相手には安心感を求めたいものです。

職場恋愛からゴールイン 成功の秘訣は「関係を極秘にすること」と「ケンカ後の早めの関係修復」

私たち夫婦は職場恋愛からスタートし、2年の交際を経てゴールインしました。職場恋愛には「同じ会社だけど、セクションは別」というケースもありますが、私たちの場合は、同じセクションで、デスクを並べるような関係でした。
それだけに、かなり周囲には気を使いました。職場恋愛では「関係をオープンにしたほうがいいのか、そうではないのか」ということが、二人の間の問題になります。
いろんな考え方はあるでしょうけど、私たちは完全に極秘にして、その結果、うまくいったように思いますね。というのも、「自分たちの関係は二人だけの極秘事項。絶対に周囲に知られてはならない」という意識が、二人の間に強いきずなを作ってくれたからです。
毎日出勤してから退社するまでは、100%「職場の同僚」として接し、振舞います。最初はかなり難しい演技できたが、慣れればその切り替えは、案外スムーズにいくものですよ。
そこに一種の緊張感も生まれますから、プライベートタイムが新鮮にも感じられ、結果、倦怠期のような感覚は経験しないまま、ゴールインできたのです。
成功の理由はもう一つあったと思います。それは、プライベートでケンカをした場合の関係修復。普通のカップルだと、ケンカをした場合、お互いに意地を張って、関係修復が遅れたり、修復できずに破局に至ったりするものですよね。
けれど、私たちの場合は、どんなケンカをしても、職場では毎日連携して仕事をせざるをえません。そこにケンカを持ち込むことはできませんから、自然に、早い段階で関係修復を図るようになるのです。
たとえば、週末にケンカしたときは、遅くても月曜の朝までにはリカバリーする必要があります。そのため、お互いに「早く謝ろう」という意識が働くのです。
ケンカした後、早めに謝るという習慣は今も継続していて、それが夫婦関係を良好に保つのに、大いに役立っていると思いますよ。